一番大切な人に電話したくなる?

■つながるのはau キャンペーン  (2007年11月〜2008年1月 キャンペーンサイトにて公開)

もともとは3分ほどのCMのロングバージョンをつくるという仕事だったのですが
脚本を書き(コンテではなく脚本といっていたところで間違いは始まっていた?)、撮影をしていく中で
どんどん尺が延びていき、ついには10分を越えるショートムービーになっていた
3篇のWEB用のショートストーリーです。
そもそも3分程度の作品をつくるつもりで集まったスタッフさんたちは
どんどん延びていくストーリーと、つけあがっていく監督高橋をどう思っていたのでしょうか・・・?
怖いから聞いていませんが、沖縄県以外にお住まいの全国の方々にも沢山の応援をいただきながら
完成させることができた珠玉の3編。見終わった後一番大切な人に電話したくなっているショートムービー、
ちょっと長いですけどぜひご覧下さい。

第1話 想い出の花
第2話 こころの絆
第3話 僕らの未来

■第1話 想い出の花 (7分20秒)
高校生の祐子はある日おじいちゃんからフォトメールのやり方を教えて欲しいと相談される。
足を痛めたおばあちゃんのために、おじいちゃんのケータイレッスンがはじまった。





■第2話 こころの絆 (11分30秒)
沖縄を離れひとり暮らしの祐子。すでに日常となってしまった東京での生活の中で
仕事に悩み、恋愛に傷ついた祐子は、沖縄の父親のケータイ番号をダイヤルする。





■第3話 僕たちの未来 (12分50秒)
高校受験を目前に控えた中3の英二。クラスの友達とも、社会とも、深い関わりを
持てないでいる英二は、模擬試験の日に同じ塾に通う美沙に声をかけられる。




BACK